すず助産院

Menu

  • 予約用電話番号・受付時間
  • 問い合わせフォームへ

すず助産院について

トップページ > すず助産院について

すず助産院は、東西線浦安駅のほど近い場所にある小さな母乳相談室です。
20年間の病院勤務を経て、東日本大震災直後の2011年4月に、母乳育児支援を主とした出張専門の助産院として開業しました。
開業から2年。
ボランティアを含めた子育て支援活動の中で、たくさんのママと赤ちゃんに出逢い、いろいろな声を聴くことができました。
そうした中で、この地域に根付いた支援をして行くためには、私自身が活動の拠点となる場所が必要と感じ、またこの場所が、子育てを頑張るママたちのほんの少しの憩いの場所になってもらえればという思いで、2013年夏に母乳相談室を開設しました。

すず助産院の想い

母子イメージ

生まれてきた赤ちゃんを母乳で育てたいと想う気持ちは、とても自然で大切なことです。 生まれたら、誰でも母乳が出てくるんだと思っている人は少なくありません。
しかし、いざ出産を終えて授乳を始めてみると、母乳育児は想像していたよりずっと大変。

  • 赤ちゃんが、うまくおっぱいに吸い付けない。
  • 乳首が切れて痛い。
  • おっぱいが張って痛い。
  • 赤ちゃんはおっぱいをあげてもあげても泣いてばかり。
  • 母乳が足りてないのかな?
  • こんな私が育てていけるのかな?

そんな苦労や不安がふつふつと湧いてきます。
赤ちゃんを母乳で育てるということは、大切なことであると同時に、そのスタートは、少し大変なこともあるのです。
そんな辛い時、そっとママの側にいて、優しくサポートしてくれる人がいれば、いずれは落ち着いて、そのママと赤ちゃんオリジナルの母乳育児ができる時がきっとやって来ます。

母乳は、ママから赤ちゃんへの大切な大切な贈り物です。
ママの血液から作られる母乳は、生まれてきた赤ちゃんが健康に育つのに必要な成分がたくさん詰まっています。
それは、赤ちゃんが生まれた週数でその成分配分も異なり、生まれたあとの赤ちゃんの成長と共に、母乳の成分も変化していきます。 母乳は、赤ちゃんのために作られ、おっぱいを卒乳した後も、赤ちゃんの健やかな成長を助けてくれるのです。
私は、母乳が持つ、人工的には到底作りだせない緻密で繊細な働きと、赤ちゃんと共に変化していく姿に、生命の不思議さと素晴らしさをいつも感じています。

しかし、赤ちゃんは、ママのおっぱいから『栄養』や『免疫物質』だけをもらっているではありません。
赤ちゃんたちは、授乳の時に感じるママの肌の温もりから、心地良い安心感をもらい、大きく成長していくためのエネルギーを心に溜めていくのです。
それは、母乳の量や母乳育児の期間の長さでも測れるものではありません。

夫婦
  • 生まれた我が子を大切に育てていきたいと願う気持ち。
  • 健やかに成長してほしいと願う気持ち。
  • 母親として、自分自身も頑張っていきたいという気持ち。

そんなママたちの優しく切なる気持ちは、しっかり赤ちゃんに伝わります。
そして、赤ちゃんはママが大好きになり、大きく成長していくのです。

すず助産院が考える母乳育児で大切なこと

  • ママの想いや身体が大切にされること。
  • 赤ちゃんの生きる力を信じること。
  • 家族が、そっと寄り添うこと。
  • 地域で、子育て家族を見守ること。

いつも、そんな思いを秘めながら、一人一人のママと赤ちゃんとの関わりを大切にしていきたいと思っています。

関連リンク